xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> デザインや機能性などのこだわりがある財布

財布を選ぶときのこだわりについて

私は財布に対するこだわりを持っています。
私のこだわりとは、デザインが可愛いだけでなく、使いやすいなどの機能性も重視しています。

 

例えば、お札やカード類を収納しやすかったり取り出しやすいことは大切です。
ファスナーとお札がギリギリの場所にあるとレシートやお札をかんでしまうことがあるので、
そういった財布はあまり使いやすいとは思えません。

 

また、カードを入れる場所が狭い財布も使いにくいと思います。
色々なお店に行くと、カードはつい増えてしまいます。

 

カードを入れるところが狭いと、どれかは財布に入れるのを諦めなければなりません。
いらないと思って家に置いてきたカードが急に必要になり、困ることもあります。

 

カードを入れる場所が広い財布は、そのような持っていく中で
どれかを諦めなければならないといったこともないので、安心して使えます。

 

私は長財布が好きで色々なものをたくさん収納できる財布に魅力を感じますが、
大き過ぎる財布は使いにくいなと思ってしまいます。

 

できればあまり場所を取らない薄くて長財布の中でも
そんなに大きくないものが良いなと思っています。

 

財布が大きいことで他のものが入らなくなるのは困りますし、
あまりにも大きなものは持ち運ぶのに重くて不便だと思うからです。

 

薄い財布だとカバンの中でもあまり場所を取らずにスッキリして見えます。
長財布でない小さ過ぎる財布ではどこにしまったのかわからなくなることもありますが、
長財布はカバンに入れていてもすぐに見つかり、
買い物の時もお金を払う時に慌てずに支払いができて良いなと思って気に入っています。

 

機能性と同じくらい重要なのは、デザインです。
財布が可愛い人はお洒落だなと思います。

 

お会計の時に財布が可愛いと友達や店員に言われるのは嬉しいです。
自分の好きなデザインの財布を持っていると、買い物をするのも楽しくなります。

 

ブランドの財布は良いものですが、私は同じブランドでも変わったデザインの財布が好きです。
人と同じようなデザインよりも少し変わったデザインの方が、
個性的な感じもしますし自分のものだとすぐにわかります。

 

財布を買う時は、一目惚れをして買うことが多いです。
妥協をして買うのではなく、絶対にこれが良いと思える財布を使いたいです。

 

デザインと機能性の両方が優れている素敵な財布に出会うことは難しいですが、
自分がその財布を使っていることを想像してみて嬉しくなるようなものを選びます。
これからも財布を買う時はこだわりを持ちたいです。


Sitemap